10,000円以上送料無料・返品交換無料

 
 

メンズ必見!大人カジュアルな着こなしで魅せる上級者キャップコーデ

キャップコーデはオシャレ見えが実現するため、多くの男性が憧れていると思います。

ですが、大人男性は取り入れるのが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか?

でも大丈夫です!被り方やコーディネートのやり方次第で、大人っぽい着こなしもできるのです。

大人メンズでもできるキャップコーデを、被り方、選び方、コーディネート方法など様々な観点から紹介していきます。

 

今がマスト!大人カジュアルな「キャップコーデ」

ストリートファッション、アメカジスタイルが流行り、それに付随してコーディネートの上位アイテムとなったのがキャップです。

カジュアルな印象が強いですが、被り方やコーディネートによっては大人でも楽しめます。

一概にキャップといっても、帽子の浅さやツバの形が変われば印象もぐっと変わり、すっきりとした印象も、抜け感も、まじめなイメージも上手にキャップを選ぶことで作れます。

キャップ使いを学び、周りと差をつけたコーディネートしてみませんか?

大人カジュアルに役立つキャップの選び方

オシャレだし被ってみたいけれど、子供っぽい印象になるのが嫌だなと思う方、キャップは選び方や被り方が重要です。

ここからは、どういったものを選べばいいのかまとめていきます。

頭の形がキレイにでるサイズ感のものを

大人がキャップコーデするなら、程良い清潔感が欲しいところです。

どうすればいいのかというと、頭の形が綺麗に出るようなものを選ぶと、見た目は綺麗で大人にもピッタリなコーデに仕上がります。

例えばアジャスターが付いていたり、頭を入れる部分であるクラウン部分に丸みがあるものを選ぶと、頭の形がきれいに出てスッキリ綺麗に見えます。

クラウン部分とは

頭の上面部分のこと

また清潔感がでるだけでなく、小顔効果もあり全身のスタイルもバッチリ決まります。

つばは長すぎないものがマスト

つばは短めか中くらいの長さのものを選択したほうが、程良いきちんと感が出せます。あまりにも長いものは、大人向きではありません。

またクラウン部分とのバランス感も重要です。

バランス感については自分では分かりにくいと思うため、お友達やパートナーにチェックしてもらうのもおすすめです。

キャップ単体で選ぶのではなく、自分の頭に合っているかという視点を持つことが重要です。

カラーやデザインはシンプルなものを

キャップコーデ初心者さんや大人っぽいコーデに挑戦したい方は、派手めなものよりシンプルなものを選びましょう。

カラーもデザインも、シンプルである方が使いやすいです。

シンプルなものはどんなコーデでも合わせやすく、コーデ選びにも困ることはないはずです。

ひとつ持っておくだけで、いろいろなコーディネートに取り入れられます。

またロゴが大きすぎると、強い印象を与える場合があるので、ロゴは控え目なものを選びましょう。

素材にこだわった一歩先のオシャレを追及

オシャレな人が、キャップにかかわらずこだわるのが素材です。素材感は、コーデを大きく左右します。

例えば、キャップコーデ初心者さんには、合わせやすいスウェット素材がおすすめです。

カジュアルですが大人でも使いやすく、またオールシーズン使えるため非常に便利。

キャップ選びに慣れてきたら、季節によって素材を変えるのも面白いでしょう。リネン、ツイード、コーデュロイなど、素材を変えると季節に合ったコーデとよりマッチします。

キャップコーデに大切な「顔型との相性」

キャップをオシャレに被るには、ただキャップがオシャレなだけでは物足りません。

それぞれの顔型に合ったキャップのフォルムを選び、適切な被り方を取り入れることで、よりオシャレに見えます。

またキャップはカッコいいのになんだか似合っていない、パッとしないという方は、自分の顔型と合っていないのかもしれません。

キャップ選びは、顔型との相性というのが非常に大きくなってきます。

どのような顔型にはどのようなキャップが合うのか、またそれぞれの被り方についても解説します。

丸顔タイプ|つば長キャップで深くかぶってみよう

丸顔さんは、つばが長いタイプのキャップを深くかぶりましょう。

つばが長いキャップは横から見たときの印象がするため、丸顔の幼さをカバーしてくれます。また被り方は深く、耳の上までしっかり被るのがぴったりです。

ベース顔タイプ|つばの長さ、キャップの深さは中くらいがベスト

ベース型の顔さんは、ベーシックな形のベースボールキャップが似合います。

つばの長さもキャップの深さも中くらいを選んでみましょう。

つばが長く頭部が深いタイプでもOKですが、つばが短くて浅いものは似合いにくいです。

キャップをうまく取り入れることで、顔の角ばったイメージを柔らかくしてくれます。

面長タイプ|浅めのキャップでスッキリとした印象に

面長タイプの方は、浅めのキャップを選びましょう。

すっきりと被ることで、オシャレなバランス感ができあがります。

顔が長い印象も、浅めのキャップを取り入れることで抑えられ、小顔効果も抜群です。

大人カジュアルなキャップのかぶり方

大人でもカジュアルに、オシャレに見えるキャップの被り方を紹介します。

自分に合ったカッコいいキャップを選んだら、あとは上手に被るのみです。

被り方次第でオシャレ感、スタイルも全然違うため参考にしてください。

浅めにかぶればトレンド感溢れるこなれた雰囲気に

キャップを浅めに被ると、トレンド感あふれるオシャレな雰囲気を作れます。

オシャレアイテムのキャップですが、使いこなしている感が一気にアップ。

大人が浅めに被るときは、無造作ヘアで髪型を少し見せるのがおすすめです。よりこなれた印象になると思います。

深くかぶって男らしさを際立たせる

キャップを深くかぶると、きちんと感と男らしさを演出。

特に髪の短い方や骨格がしっかりした方は、深くかぶるとさらに印象よく見えるでしょう。

大人っぽさを出すために、サイドをスッキリさせるのがポイントです。

シャープな雰囲気を目指したい、ごついイメージを避けたい方はサイドを意識してみましょう。

前髪を上げるとスッキリとした印象に

前髪を上げると顔周りがすっきりし、清潔感のある印象になります。

きちんと感もあるので、大人コーデにはぴったりです。カジュアルなスタイルにも綺麗なスタイルにも、前髪あげは似合います。

頭を入れるクラウン部分がやや深めの時や、丸みより角ばったシルエットの時には、前髪あげのスタイリングがぴったりなので試してみてください。

前髪を流すとイマドキおしゃれスタイルに

大人メンズが浅めにかぶる×ナナメバングを合わせることで、トレンド感のあるスタイルが完成します。

適当に流すのではなく、きっちり流すのが大人スタイル。

サイドを意識して、スッキリ目に仕上げると清潔感も出るため、大人メンズはサイドにも注目してみてください。

大人っぽさと今どき感を両方取り入れられる欲張りスタイルです。

大人カジュアルな垢抜けコーデ術

ここからは、キャップを使った大人にオススメなメンズコーデをご紹介していきます!

Dcollectionがオススメするコーデを厳選したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アースカラーで温もりのあるコーデに

アースカラーとキャップを合わせると温かみがあって、大人っぽいコーデに。

マウンテンパーカーのカーキ色と、インナーのベージュの秋カラーがオシャレです。

これらの色味に合わせてキャップを秋カラーのベージュにすることで、統一感のあるコーデに。

秋から寒くなる冬にむけて温かい印象を与えられるため、さままざまなカラーで遊んでみましょう。

着用アイテム
マウンテンパーカー
ボーダーTシャツ
黒スキニーパンツ
シンプルスニーカー
無地ソックス
キャップ

モノトーンカラーで統一感を演出

シンプルなコーディネートは、大人はもちろん年齢問わず楽しめるため、誰にでもおすすめです。ただしシンプルでも物足りない印象ではなく、オシャレ感が出せるといいですね。

トップスの白と靴で統一感のあるコーディネイトになっています。

あわせて大きめのリュックを背負うことで、カジュアル過ぎないラフさを演出。

リュックとキャップは定番の組み合わせでハズレなしなので、ぜひ試して見てください。

着用アイテム
無地Tシャツ
ロング丈Tシャツ
ストレートデニムパンツ
シンプルスニーカー
無地ソックス
スクエアリュック
キャップ

ワントーンコーデで大人な印象に

カジュアルなキャップを、簡単にコーデへ取り入れたい方におすすめなのが「ワントーンコーデ」。

ワントーンにすると、カジュアルダウンし過ぎず、落ち着いた大人な印象になります。

オシャレに自信がない方はまずワントーンで揃えるのが簡単でいいかもしれません。

大人っぽさを出したい方は色味も派手ではなく、落ち着いたカラーを選ぶのがおすすめです。

キャップの色味もコーデに合わせて選ぶと浮かずに被れるでしょう。

着用アイテム
無地Tシャツ
オックスフォードシャツ
ストレートデニムパンツ
シンプルスニーカー
無地ソックス
キャップ

リラックスシルエット×キャップで流行りのスタイルに

全体的に暗いトーン色で服を合わせつつ、インナーには白のタートルネック、パンツにはシルエットがゆったりしたものをチョイスしてみましょう。

コーデのトップ(キャップ)の黒と、靴の黒を合わせることで、ボトムとタートルネックの差し色が生きたコーデになっています。

ゆるっとしたシルエットとキャップの相性は抜群です。

着用アイテム
無地Tシャツ
タートルネックTシャツ
シェフパンツ
レザーUチップシューズ
無地ソックス
キャップ

コートをあわせてキレイめコーデに

キャップはカジュアルなイメージがあるかもしれませんが、キレイめにまとめることもできます。

キレイめにまとめたコーデにキャップを被ることで抜け感を演出しましょう。

コートとキャップは相反しているようで、意外とオシャレに見える組み合わせ。

少し上級者のコーデですが着こなせれば大人のオシャレ感を演出できるでしょう。

着用アイテム
フーデットコート
春ニットセーター
ロング丈Tシャツ
黒スキニーパンツ
シンプルスニーカー
無地ソックス
キャップ

キャップで大人カジュアルトレンドの一歩先へ

キャップは選び方、被り方、コーディネートの仕方で色々なイメージになることがわかりました。

大人メンズでもキャップコーデは十分に楽しめます。

まずはシンプルで顔型に合ったものから選び、慣れてきたら遊んだコーデや季節、自分のイメージと合わせてキャップを取り入れてみるのもいいでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Dコレ編集部
ファッションメディア Dコレ編集部
メンズファッションを中心に、オシャレに関する”タメ”になる情報をお届け!オススメのアイテムやコーディネート、お悩みを解決する方法などを分かりやすく解説します。

 

\ みなさまのご意見お待ちしています /

こんなのが読みたい!この記事よかった!なんでもOK

ご感想やリクエストを参考に、より楽しんでいただける情報発信をしていきますので、下記アンケートからぜひお寄せください!