10,000円以上送料無料・返品交換無料

 
 

こなれ感溢れるアイテム。キレイめパンツを使ったコーデ術

「かっこいいファッションを目指したい!」と思っても、何を選べばいいのか?どんなアイテムを取り入れていけばいいのか?悩むこともあるのではないでしょうか。

特に全身の中でもメインとなるパンツ選びには困ることが多いもの。いつも同じような形や色ばかり選んでいませんか?

パンツ選びには、自分の年齢に合わせたものを選ぶ必要があります。

合わないパンツを選んでしまえば、それだけで「ダサい」「おじさんくさい」と思われることも・・・。

今回は、キレイめファッションを目指す男性に向けて、パンツを選ぶときに注意しておくべきポイントを20〜40代まで年代別にまとめました。

簡単にできるコーデ術も紹介しているので参考にしてください。

 

さまざまなシルエットのメンズのキレイめパンツ

一口にパンツといえど、メンズのパンツにはさまざまなシルエットがあります。

シルエットはファッションの中でも重要なポイントになるため、コーディネートの前にチェックしておきましょう。

キレイめパンツの定番「スラックス」

キレイめパンツ代表の「スラックス」。

その語源は、「slack」という「ゆるい」という意味のアメリカ英語単語から名付けられました。

ジャケットなどに合わせられるよう、上品な印象を与えるセンタープレスが入っているものもあり、キレイめファッションが好きな方におすすめなパンツです。

センタープレスで品が良く見える「テーパードパンツ」

テーパードパンツは、腰から裾に向かうにつれて細くされたシルエットのパンツのことをいいます。

全体的にスリムなシルエットになり、きっちりした印象に。モダンなイメージのシルエットのため、さまざまなパンツに採用されています。

テーパードパンツのシルエット

太もも部分も細くシェイプされているため、下半身をスッキリ見せる事も。

清潔感があり上品でキレイめな印象を与えるため、ビジネスシーンにもおすすめです。

テーパードパンツはコチラ

また足元ももたつかずスッキリと見せる事ができるので、靴を見せるコーディネートにももってこいですね。

どんなスタイルも引き締めてくれる「黒スキニー」

英語で「痩せている」などの言葉のとおり、脚にピッタリとフィットする形のスキニーパンツ。

どんなトップスにも合わせやすいスキニーパンツは、汎用性が高いため、最初にワードローブに取り入れたいアイテムです。

カジュアルな印象になりがちなトップスでも、全体を引き締めてシャープな印象にしてくれるためキレイめスタイルにもピッタリ。

全身がゆるくなりがちなスウェットなどと組み合わせると、キリッとした印象に変えてくれます。

20代の大人コーデのポイントはカジュアルとキレイめのバランス

20代男性が大人コーデに挑戦するときに意識したいポイントは、以下の3つです。

  • アイテムとのバランス
  • シルエット
  • 配色

一気に垢抜けるためには、これらのポイントを意識するのがオススメ。大人っぽいオシャレな印象を与えることができます。

アイテム選びはキレイめとカジュアルのバランスを意識してみて

カジュアルなファッションアイテムは、ゆったりしたシルエットや発色のいいカラーなど、リラックス感のある服が多く、子供っぽい印象を与えてしまう可能性があります。

ファッションアイテムを選ぶとき、バランスがなによりも大切です。

キレイめなファッションをするときは、カジュアルなアイテムをさりげなく取り入れて外しポイントを作り、こなれ感を出すことがポイント!

20代男性でもキレイめファッションに気兼ねなく挑戦でき、オシャレ度も一気に上がり大人な印象に仕上がります。

カジュアル・キレイめ、どちらかに偏りすぎないように注意して、キレイめ要素のあるアイテムが多くなるようバランスを意識してみてください。

モノトーンをベースに小物でカラーをプラス

キレイめ要素のあるアイテムを取り入れすぎると、実年齢よりも老けて見えたり、服に着られている感が出てしまったりと、ミスマッチを起こすこともあります。

年齢に合った質感や色を選ぶことも大切。若々しさがある20代メンズは、暗めの色を取り入れてもOKです。

キレイめアイテムを選ぶ時は、ブラック・ホワイト・グレーを中心としたモノトーンをベースに、アクセントに明るめの色を少し入れるのがおすすめです。

シルエットはIライン・Yラインを意識したスタイルに

服を着た時のシルエット(ライン)は、オシャレに見せるための重要なポイントです。

このシルエットを押さえていないと、チグハグで締まりのない印象を与えてしまうことも・・・。

キレイめに見せたい時は、ゆったりしたシルエットではなく、「全身をスッキリさせる、または下半身をスッキリしたシルエットにする」ことがコツです。

シルエットにはさまざまな型がありますが、キレイめの場合は「Iラインシルエット」と「Yラインシルエット」を意識して取り入れましょう。

Iラインシルエット

Iラインシルエットの作り方

アルファベット「I」の文字通り、上半身・下半身共に細く見えるシルエットのことをいいます。

シンプルで、スラっとした印象が特徴で、背が高く見える視覚効果もあるとされています。身長をカバーしたい方におすすめです。

Yラインシルエット

オシャレに見えるYラインシルエットの作り方

上半身にボリュームを出して、下半身はスッキリ細めにまとめたものをYラインといいます。

お腹やお尻周りをカバーして、気になる体型を隠すことも。

たとえば、トップスにロング丈のアウターやシャツを持ってきて、パンツには細めのスキニーパンツ・テーパードパンツなどを合わせるのがおすすめ。

上半身にバッグなどのアイテムや、膨張して見える色をもってきてボリュームがあるように見せることもできます。

▼シルエットの作り方について、コチラのブログでも詳しくご紹介しています。

20代向け|おすすめパンツとコーディネート案

どうやってコーディネートすればいいのか、どんな服を揃えていけばいいのか迷わないために、キレイめパンツを取り入れたおすすめのコーディネート術をご紹介します。

20代男性でも違和感なく合わせられるコーディネートをご用意しています。ぜひ参考にしてみてください。

黒スキニーでカジュアルとキレイめのバランスを意識

20代後半男性は、下半身を細く見せて引き締め効果もある黒のスキニーパンツを取り入れましょう。

特に背が低いことにコンプレックスを感じている人には、ぜひ取り入れていただきたいパンツです。

無地でシンプルなパンツを履いて、トップスにカジュアルなアイテムを合わせることで、子供っぽさが抜けた垢抜けコーデが実現。

黒スキニーパンツコーデはオンオフともに使えるため、オススメなアイテムです。着こなしをマスターしてオシャレを楽しみましょう。

着用アイテム
CPOシャツジャケット  
無地Tシャツ  
オックスフォードシャツ  
黒スキニーパンツ  
無地ソックス  
シンプルスニーカー  

同じ細身パンツでは、足首に向かって細くなるテーパードパンツもオススメ。

メンズテーパードパンツはコチラ

テーパードパンツは、足の太さに悩みがある人や、お腹周りが気になる人でも抵抗なく取り入れられるアイテムです。

パーカー×黒スキニーでキレイめスタイルに初挑戦

トップスにカジュアルなパーカーを、パンツに黒スキニーを合わせることでメリハリのあるシルエットに。

アクセントとして、パーカーの色を中間色のライトグレーにするとほどよい抜け感がでます。

パーカーは、プリントなどの印字がない無地がおすすめ。

アウターにはスキニーと同色のブラックを合わせることで、モノトーンコーデとなりバランスが整います。

グレーのパーカーをすでに持っている方は、ぜひ合わせてみてください。

着用アイテム
ワイドジャケット  
パーカー※代替品  
ロング丈Tシャツ  
黒スキニーパンツ  
無地ソックス  
レザーUチップシューズ  

本格的なキレイめを目指すなら、CPOジャケットを取り入れて

アメリカ海軍のユニフォームからヒントを得て作られた、シャツ型ジャケットのCPOジャケットを合わせたコーデです。

中に着るシャツは、ホワイトのシンプルなロンTでカジュアルに。

シャツの上から、アースカラーのCPOジャケットをガバッと着ることで上半身にボリュームが生まれ、下半身は黒スキニーと黒シューズで統一させることで、垢抜け大人コーデが楽しめます。

着用アイテム
CPOシャツジャケット  
無地Tシャツ  
ロング丈Tシャツ  
黒スキニーパンツ  
無地ソックス  
レザーUチップシューズ  

30代向け、キレイめコーデのポイント

頼りがいがある、大人の雰囲気が魅力の30代男性のキレイめコーデのポイントは、以下の3つです。

  • 清潔感がある
  • 体型にあった服を選ぶ
  • ラフすぎるパンツはNG

これらのポイントを押さえ、キレイめファッションを目指しましょう。

また30代ではお腹や背中の肉のたるみなど、20代の頃と比べて体型にも徐々に変化が感じられ、これまで気にならなかった着こなしの悩みも出てきます。

体型をカバーしようとするあまり、大きいサイズのパンツを選んでしまう方もいますが、選び方を間違えるとおじさん臭くなる場合があるため注意しましょう。

なぜかおじさん臭くなってしまう理由は、以下の4つです。

  • お尻が大きく見える
  • 足首部分がゆったり過ぎる
  • 股上が深すぎるためお腹が目立つ
  • 選ぶアイテムがシンプルすぎる

シルエットがゆるすぎるパンツや、デザインがシンプルでベーシックすぎると老けて見えるため注意しておきましょう。

ベーシック過ぎない遊び心を大切に

30代ではベーシックな鉄板アイテムで身を固めすぎると、かえっておじさん臭い格好に見えるときがあります。

清潔感を出すためにもシンプルなアイテムは必要ですが、ベーシックなスタイルの外しポイントとして、あえてカジュアル感の強いパーカーを組み合わせるとオシャレな印象に。

程よいゆるさを出したいなら、インナーやパンツで調整するのがおすすめです。

インパクトのある柄は品を落としてしまう恐れも

上品な印象のキレイめコーデを着こなしたいなら、目立ちがちな幾何学デザインやネイティブ柄などは避けましょう。

これらのデザインはアメカジ感が強く、着こなすには難易度が高め。着こなし方を間違えてしまうと、ダサい印象を与えることも・・・。

またカジュアル感が強く出過ぎて上品さも少なめになります。

キレイめコーデで柄物を取り入れたい場合は、ボーダーなど主張しすぎずワンポイントとなる柄物がおすすめなので挑戦してみてください。

30代向け|おすすめパンツとコーディネート案

上品で清潔感が感じられる、30代男性にピッタリな大人キレイめコーデをご紹介します。

誰でも簡単にできる着こなし術なので、ぜひ参考にしてください。

大人っぽさを仕上げるワイルドジャケットコーデ

首元からシャツを覗かせることで、ワイルドジャケットでも品のある大人っぽさを演出。

トップスのカラーを白にすることで、明るい印象をプラスするのがおすすめです。

パンツはセンタープレス入りのテーパードパンツを合わせることで、きっちりとしたコーディネートに。

ゆるっとしたシルエットですが、足首にかけて細くなるテーパードパンツに、足もとに光沢感のあるシューズを合わせることで全体をスッキリと引き締めます。

着用アイテム
ワイドジャケット  
無地Tシャツ  
オックスフォードシャツ  
テーパードパンツ  
無地ソックス  
レザーUチップシューズ  

テーパードパンツ×パーカーで大人カジュアルな雰囲気を

センタープレスが入ったテーパードパンツでスマート感を出して、トップスにはゆとりのあるパーカーでボリュームを出してみて。

脚がキレイに見えるテーパードパンツを合わせることで、ゆったりした印象をグッと引き締めてくれます。

カジュアル感とテーパードパンツの組み合わせと、Iラインシルエットにより、キレイめにまとめる事ができて大人の雰囲気に。

着用アイテム
コーチジャケット  
パーカー※代替品  
テーパードパンツ  
無地ソックス  
レザーUチップシューズ  

白のテーパードパンツはデートコーデにも最適

上半身をネイビーなどのダークトーンで引き締めて、白のテーパードパンツを合わせることで軽快な印象に。

トップスには同系色のカラーを持ってくることで、コーディネートの統一感が出てより一層まとまりのあるコーディネートに。

下半身がぼやけすぎないように、ブラックのきちんと感のあるシューズにすることで、オシャレなコーデに仕上がります。

着用アイテム
マウンテンパーカー※2021/3月発売予定  
春ニットセーター  
オックスフォードシャツ  
テーパードパンツ  
無地ソックス  
レザーUチップシューズ  

40代におすすめしたいパンツの種類はこの2つ

40代の男性がパンツを選ぶときに意識しておきたいのはズバリ「清潔感」です。

年齢が上がるにつれお腹やワキ腹、お尻のたるみなどの体型が気になりだし、若い頃の洋服がだんだん似合わなくなってきたと感じることも多いかもしれません。

体型をカバーしようとしてやりがちなNG例は以下の3つです。

  • 清潔感のないダメージジーンズ
  • 体型に対して過剰な大きさのパンツ
  • 地味な色合い

過剰な加工がされたダメージジーンズを選ぶのは、清潔感を損なう原因に。

またお腹やお尻をカバーしようとするあまり、オーバーサイズなパンツを履いてしまうのも「センスがない、ダサい」といった印象を持たれてしまう可能性があります。

地味すぎる色や柄も、老けて見える場合があるため気をつけてください。

履きやすく、スマートな印象の「ストレッチパンツ」

体型が気になる40代の男性には、伸縮性のあるスマートなストレッチパンツがオススメ。

スマートなシルエットのパンツは見た目から履き心地が窮屈そうに感じるかもしれません。

ですが、ストレッチ性のあるパンツを選ぶことで、楽に脚を曲げたりしゃがんだりすることができるので、窮屈に感じにくいんです。

シルエットと履き心地の両方を兼ね備えている優秀なアイテムのため、おじさん臭さを出したくない方にはとてもオススメです。

大人の余裕を醸し出す「スラックスパンツ」

40代の男性にオススメなパンツのもうひとつは、スーツのような見た目でオンオフどちらも使えるスラックスパンツ。

中央にセンタープレスという折り目がついているものを選べば、上品な印象に仕上げてくれます。

スーツほど硬くなく、カジュアルにも偏りすぎないほどよいシルエットが特徴で、活用シーンがたくさんあって使い回しが効くのもメリットのひとつ。

中間色であるグレーを取り入れると、品のある印象になるためオススメです。

40代向け|おすすめパンツとコーディネート案

おじさん臭くならず若造りしすぎない、大人の印象を与える40代男性向けのコーディネート例をご紹介します。

オシャレが苦手な方でも簡単に挑戦できる着こなし術のため、ぜひチャレンジしてみてください。

テーパードパンツで魅せる大人のセットアップ

全身を黒ででまとめた、上品な印象を与えるこちらのコーディネート。

抜け感を出すためにトップスには淡いカラーを合わせることで、重くなりすぎない爽やかな雰囲気に仕上げました。

足元はカジュアルなスニーカーではなく、品のある素材感を大切にした靴選びにこだわるとよりまとまった大人のセットアップの完成です。

着用アイテム
テーラードジャケット  
春ニットセーター  
オックスフォードシャツ  
テーパードパンツ  
無地ソックス  
レザーUチップシューズ  

スラックス×デニムでカジュアルかつキレイめコーデに

スラッとした印象を与えるスラックスに、デニムのアウターを羽織ることで、かっちり感を出しすぎないコーディネートに。

中に着た白シャツとスラックスだけだと硬い印象になりますが、外しポイントとしてカジュアルな印象のデニムジャケットを取り入れることでラフさをプラスしました。

アクセントのアイテムとして大きめのストールを羽織れば、余裕のある大人の男性が演出できます。

スタイリッシュからカジュアルスタイルまで、万能なパンツアイテムの魅力

テーパードパンツはコチラ

キレイめな印象を与えるパンツには、スラックス・テーパードパンツ・黒スキニーがオススメです。

上半身にゆったりしたシルエットの服を持ってくることで、かっちりしすぎないこなれたオシャレ感を出す事ができます。

またご自身の年齢に合わせたパンツ選びも忘れてはいけません。

今回ご紹介したコーディネート術は、誰でも簡単に真似できるものばかりなのでぜひ挑戦してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Dコレ編集部
ファッションメディア Dコレ編集部
メンズファッションを中心に、オシャレに関する”タメ”になる情報をお届け!オススメのアイテムやコーディネート、お悩みを解決する方法などを分かりやすく解説します。

 

\ みなさまのご意見お待ちしています /

こんなのが読みたい!この記事よかった!なんでもOK

ご感想やリクエストを参考に、より楽しんでいただける情報発信をしていきますので、下記アンケートからぜひお寄せください!