10,000円以上送料無料・返品交換無料

 
 

「赤トップス」に合う色とは?配色パターン&メンズコーデ例紹介

赤の配色

こんにちは!Dcollectionスタッフのぐっさんです( ´◡` )

最近LINE相談で…

お客サマ
「赤アイテム」を使用したコーデについて教えてください!

と、お客サマからのご相談が多いそうなので、今回は「赤トップスの色合わせ」ついてお話していこうと思います( ‘ω’)

モニター・デバイス、環境によって色が異なって見える場合がございますので、ご了承くださいm(._.)m

『赤(レッド)』が持つ印象とは

赤は「太陽」や「火」を連想させるので、「情熱」や「エネルギッシュさ」を感じさせる色です。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

kaneda_photo🍁かねださん(@m.k.kaneda)がシェアした投稿

赤と言えば、他にも「ポスト」や…

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

河合賢一さん(@kenichi_kawai_heichiku)がシェアした投稿

「消防車」や…

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

Mika+Rika(フリー素材アイドル)さん(@mikarika1125)がシェアした投稿

「リンゴ」や「サクランボ」といったフルーツなどがありますね!

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

やっちゃば市場さん(@yaoya475)がシェアした投稿

「赤」の色のイメージ

  • やる気が出る
    →エネルギッシュさがあるので、興奮したり力がみなぎる心理効果がある
  • 暖かさを感じる
    →太陽な火を連想させるので、暖かさを感じる
  • 目立つ
    →目を引く色なので注目されやすい

目に留まりやすい色なので「信号」や「道路標識」に使われていたりなど、赤はわりと日常的に目にする機会が多い色ですね!

オススメな『赤』のメンズコーデ

それでは、「赤トップスの色合わせ」を見ていきましょう( ´◡` )

赤は目立ちやすいので、そのまま色の特性を活かして「目立たせる」か、もしくは赤を馴染ませて「主張性を抑える」かがポイントになります。

カジュアルにキメたい方や目立ちたい方は赤を目立たせる配色を、あまり派手にならないようにしたい方は赤を馴染ませる配色がオススメです。

モノトーン
RED × MONOTONE

それではまずは定番のモノトーンの配色から見ていきましょう!

赤×ブラック

赤パーカーと黒ma1のストリート風コーデ

赤の色を活かしたい方は、黒を合わせるのがオススメ!黒が赤を引き締めるので、赤がグッと引き立ちます。

色味のコントラストが強くなるので、カッコいい印象やクールな印象を与えやすくなります。

ミリタリー感のある黒のMA-1なら、よりカッコよく男らしいコーデをつくることができますよ(*´ェ`*)

赤×グレー

グレーのジップブルゾンと赤パーカーのコーデ

黒アウターの代わりにグレーのアウターを合わせると、赤と馴染み赤の主張性が少し和らぎます。

グレーの柔らかさがコーデをマイルドにしてくれるので、落ち着いた雰囲気がでて大人っぽく見せることができます。

赤ニットとグレーのチェック柄パンツのコーチジャケットコーデ

グレーのチェック柄アンクルパンツを合わせると、少しレトロな雰囲気になります。

グレーのアウターを使うよりも赤を主張させることができますが、パーカーよりもニットで赤を取り入れるとカジュアル感を少し抑えることができますよ( ‘ω’)

赤×ホワイト

赤ニットと白のボアジャケットのワイドパンツコーデ

赤トップスに白アウターを合わせるなら、真っ白よりも少し色味がある白の方がコントラストを抑えることができるのでオススメ!白と赤のコントラストが強すぎると、派手さが際立ちとても目立ちます。

真っ白を取り入れるなら、インナー使いにして首元やトップスの裾から覗かせるなどコーデの一部で取り入れるとコーデに取り入れやすく、チャレンジしやすいですよ(ΦωΦ)

モコモコとしたボアジャケットに濃いグレーのワイドパンツを合わせれば、トレンド感のあるコーデをつくることができます。

 

有彩色
RED × CHROMATIC COLOR

主張性の強い赤に有彩色を合わせるなら、馴染ませるのがポイント!

赤の類似色であるイエローやブラウン系のカラーを合わせて馴染ませたり、反対色を使うならグレーを取り入れて馴染ませるか、赤の面積を少なくするようにするとコーデがつくりやすいですよ!(ΦωΦ)

赤×ブルー系

ネイビーのチェスターコートと赤パーカーのコーデ

ブルー系でも濃色のネイビーなら赤と合わせやすくオススメ!

大人っぽくキレイめなチェスターコートに赤パーカーを合わせればカジュアルめな着こなしがつくれます。

グレーのアンクルパンツなら大人っぽい雰囲気が加わるので、ラフさと大人っぽさを感じさせるコーデをつくることができますよ( ´◡` )

ネイビーのアウターに白トップスを合わせ、赤色を靴下でポイントとして入れるのもオシャレ!

赤を小面積で取り入れるだけでも、アクティブな印象のコーデにすることができます。

赤・ネイビー・白のトリコロール配色ってステキです(*´ェ`*)

赤×ベージュ

赤パーカーとベージュのワイドパンツのコーデ

赤にベージュを合わせるとカジュアルな印象を与える配色に。ベージュが優しい雰囲気を与えてくれ、赤の色の強さを和らげてくれます。

ワイン系の青みがある赤には、黄みが少ないベージュを合わせれば、スッキリと見せることができますよ( ‘ω’)

バッグや靴で黒を取り入れることで、ぼやけがちなベージュをキュッと引き締め、まとまりのあるコーデに見せることができます。

赤×ブラウン

赤ニットとブラウンのロングコートのコーデ

ブラウンのアウターを選ぶなら、こちらも黄みが少なくこげ茶のような茶色(赤っぽい茶色)を選ぶと、統一感が出やすいのでオススメ!

ボトムスもブラウンのチェック柄パンツを合わせてブラウンを基調にし、赤ニットをアソートカラーとして使うことで、色の配色バランスが取りやすくなります。

ブラウンの面積が多いため落ち着いた印象が強くなりますが、コーデをもっとスマートに見せたい方は、ボトムスを黒スキニーに変えれるのもおすすめですよ( ´◡` )

赤×カーキ

カーキのコーチジャケットと赤靴下のコーデ

赤の類似色でも反対色でもないカーキは、赤とケンカしやすい色。

あまり派手過ぎない、明るさや鮮やかさを抑えた赤を選ぶようにするか、靴下や靴など小面積でアクセントとして取り入れると色同士がケンカすることがありません。

黒っぽい色味の赤なら、同じく黒っぽい色味のカーキを合わせるとコーデがまとまって見えます。

白トップスを合わせることで、赤とカーキのそれぞれの色味が引き立たせることができます( ‘ω’)

カーキのコーチジャケットとグレーシャツに赤靴下を合わせたコーデ

トップスにグレーを合わせるとカーキが馴染むため、靴下の赤が引き立ちます。

足首からさりげなくチラリと赤を覗かせることで、色使いに遊び心が感じられて目を引きます(*´ェ`*)

グレーのトップスはシャツを選ぶことで、大人っぽく落ち着きのある雰囲気のコーデをつくることができますよ。

 

※ ※ ※

いかがでしたか?

このブログが、皆さんがオシャレを楽しむための参考になりましたら、とても嬉しいです。

赤色のアイテムは主張性が強く、チャレンジするのに抵抗があった方も多いのではないかと思います。そんな方は、まずは「靴下」とか「靴」などの小面積の小物から取り入れてみてはいかがでしょうか( ´◡` )

きっと思っているより使いやすいと思いますので、ぜひファッションに取り入れてみてくださいね!(*´ェ`*)

最後に

〒 連載への自由なコメントお待ちしてます

連載メンバーにやってほしいこと聞きたいこと、なんでもOK!私たちは読者様とガチで向き合い、皆様のご要望にお応えします。

ぜひ週間連載改善のために1分で完了するアンケートにご協力ください_(._.)_

そして一緒に面白い連載コンテンツを作り上げていきましょう!

ぐっさん

11月もあと明日と明後日で終わりですね!早い!!

このまま、あっという間に年が明けそうです…(´;ω;`)ブワッ