10,000円以上送料無料・返品交換無料

 
 

バンドカラーシャツのメンズコーデ35選!スタイリストおすすめの着こなしも紹介!【2022年版】

「バンドカラーシャツでオシャレなコーデを作りたい」

「バンドカラーシャツの着こなしがわからない」

「おすすめのバンドカラーシャツを知りたい」

と悩んでいませんか?バンドカラーシャツにも様々な種類があり、どれを選んでいいかわからない、着こなしも難しいと悩むのは無理もありません。

でもちょっとしたコツを押さえるだけで、オシャレな着こなしをすることができます。

今回はスタイリスト監修のもと、バンドカラーシャツを使ったオシャレな着こなし方法、コーディネートさらには、バンドカラーシャツに合う服までたっぷりご紹介します。

自分に似合う服をDコレアプリで『診断』する(無料)

記事本文に入る前に、どうしても知っておいてほしいことがあり、ここでお伝えをさせていただきます…!

それは、オシャレでいつも似合う服を着こなしている人には、共通点があるということ。

その共通点とは、『自分に似合う服がわかっている』ということなんです。

自分に似合う服を知るために、わたしたちがおすすめするのは顔タイプ診断®です。

—顔タイプ診断®とは?—

顔の種類をタイプ分けし、特徴によって似合いやすい洋服やコーディネートをご提案します。

診断後は4種類の顔タイプ別のコーディネートをご覧ください。

1分ほどで完了いたします!

顔タイプ診断

あなたの顔の系統に合わせて似合うコーディネートをご提案します。

どんな服を選ぶのがいいかもわかりますので、ぜひ一度お試しください!

Dcollectionのアプリで簡単に診断できるようになりました

Dcollectionはより多くの方に顔タイプ診断®を手軽に行ってもらうために、アプリから簡単に診断できるようになりました!

下の「診断はコチラ!」のボタンを押してアプリをダウンロードした後に、

  1. セルフ顔タイプ診断
  2. 顔タイプ診断を始める

の手順で診断することができます。あとは質問に回答するだけで、自分がどのタイプか診断されます。気になる方は早速やってみてくださいね。

大変お待たせしました。ここから、この記事の内容に入っていきますね!

オータケ
こんにちは、Dcollectionスタイリストのオータケです。バンドカラーシャツについての悩みを一緒に解決していきましょう!

【Dcollection】とは?
オシャレの学び・服の購入からアフターフォローまでお手伝いするメンズファッション通販サイト。
洋服選びのお悩みは私たちにお任せください!

自分は大丈夫かチェック!1分でわかるオシャレの基本

「バンドカラーシャツの着こなしがわからない」という方は、オシャレの基本を知っていない可能性があります。これを知っておけば、バンドカラーシャツはもちろん、他のアイテムを使う時でもお洒落なコーデを作れるようになるので、まだ知らない方はぜひチェックしてみてください!

好印象に思われるオシャレコーデを作るためには、次の3つのポイントを意識することが大切です。

  1. キレイめとカジュアルのバランス
  2. シルエット
  3. 色合わせ

1つずつ簡単にチェックしていきましょう。

キレイめなアイテム

服は大きく分けて、

  1. キレイめ
  2. カジュアル

の2つに分かれます。オシャレなコーデを作るにはこの2つのバランスが重要になります。

キレイめの割合を大体50~80%にすると、大人っぽくて好印象なコーデを作ることができます。

オシャレなシルエット

オシャレなコーデには「シルエット」がとても重要です。まずは上の3つを押さえておきましょう

それぞれ以下のような印象を作れます。

  • Iライン:スタンダードで万人受け
  • Yライン:大人っぽい上品な印象
  • Aライン:男らしい余裕感

服のサイズ感もポイントになるので、明らかに小さい、大きすぎるといったこともないように注意しましょう。

オシャレな色合わせ

3つ目が色合わせです。悩む方も多いかもしれませんが、結構単純なので難しくありません。ポイントは、

  1. 無彩色(白・黒・グレー)でまとめる
  2. 無彩色をベースに有彩色(白・黒・グレー以外)を2色までに抑える

これだけ押さえておけば、色のバラつきを防ぎ、色合わせでの失敗がかなり少なくなりますよ。

以上、

  1. キレイめとカジュアルのバランス
  2. シルエット
  3. 色合わせ

この3つを押さえてコーディネートを組むのがオシャレの基本です。ぜひ意識してみてください。

バンドカラーシャツのお洒落な着こなし方

オシャレの基本を知ったところで、バンドカラーシャツのお洒落な着こなし方をご紹介します。基本をベースに、さらにコーデを格上げする方法をお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。押さえておきたいのは、

  • ニットやカットソーから襟をチラ見せさせる
  • ライトアウターとして使う
  • 袖まくりで男らしく

ニットやカットソーから襟をチラ見せさせる

バンドカラーシャツは襟なしと思われがちですが、帯状(バンド)の襟(カラー)という意味なので、ちゃんと襟がついています。

そのためニットやカットソーなどのインナーに着て、首元からシャツをチラ見せさせた着こなしができます。

首元にアクセントがつくことで、シンプルになりすぎず、こなれた雰囲気に仕上げることができますよ。

ライトアウターとして使う

バンドカラーシャツはボタンを外して、ライトアウターとして使うこともできます。

抜け感がうまれ、爽やかな印象を与えるので、春から夏の時期におすすめの着こなしですね。

袖まくりで男らしく

シャツの王道的着こなしでもある袖まくり。腕が露出されることで、男らしい印象を与えることができます。

袖をまくる際は無骨にまくるのも1つですが、キレイに折りたたむのがおすすめです。そうすることでシャツのキレイめ感をキープしたまま袖まくりをすることができますよ。